癒しの暮らし研究所

ちょっとだけ気になったので工務店とハウスメーカー、不動産会社って何が違うのか考えてみた。

【工務店とハウスメーカー、不動産会社って何が違う?】

 

工務店とハウスメーカー、そして不動産会社の違いをご存知ですか?

 

 

ハウスメーカーとは文字通り家をつくる会社、『メーカー』だと言えます。住宅部材を工場で大量生産することで、全国的に同じ品質の家を大量に供給することを得意とします。

 

会社や商品によって工場生産の割合は違っていますが、テレビコマーシャルなど広告宣伝を活発に行い、全国各地の住宅展示場にも出展しているケースが多いです。

 

 

一方、工務店も家を建てる会社ですが、地元に密着した活動を行い、中小規模の会社が中心になります。基本的に1棟ごとにオーダーを受けて建てる注文住宅建築を得意としています。技術力をいかしてリフォームやリノベーション工事を手掛けるケースもあります。

 

工務店のなかには、フランチャイズ形式で本部が開発する部材や工法を採用している会社や、地元密着型ではあるものの大手ハウスメーカーに準じるような大量施工を行う会社もあります。

ハウスメーカーとの違いは、注文住宅建築を得意としている工務店は1棟ごとに間取りプランや外観デザイン、住宅設備をお客様と一緒につくりあげているというスタイルにあると言えます。

 

もうひとつ、不動産会社は土地の売買、または建物付きの新築分譲住宅、中古住宅の売買などを中心に行う会社です。分譲住宅は工務店に依頼し、自社で建築を行わない会社が多いですね。

 

 

このように、それぞれの特徴がありますが、厳密な区分けがなされているわけではなく慣習的に施工エリアの広さや会社のイメージで区分けされていることが多く見受けられます。

 

気になる場合は、一級建築士事務所、宅地建物取引業者免許、建設業許可、社団法人の会員など、それぞれの会社が持つ資格や免許を確認するのも良い方法です。

 

注文住宅のマリモハウスは広島市を中心とした周辺エリアで、地元密着型の住宅建築を行う工務店として、長年にわたり活動を続けています。

 

こちらはマリモハウスのスタッフがお客様のために手作りしたプランや模型です。
お客様が少しでもお家をイメージしやすいようにいろいろと工夫しています。

 

 

マリモハウスの事業の中心となるのは、お客様のオーダーによって建てる注文住宅の建築です。分譲地もオススメできる良い場所があればご用意したり、分譲住宅を建てることもあります。

 

 

ご提供する注文住宅は2×4工法をメインとして、「和モダン」や「リゾートモダン」という独自の住宅プランのご提案を行っています。他の工務店やハウスメーカーにはない、個性的なプランをご提案できる工務店として、多くのお施主様に指示をいただいて参りました。

 

ハウスメーカーや不動産会社との違いを踏まえ、納得のいく住まいづくりをご希望される方は、一度ご相談ください。

 

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。