癒しの暮らし研究所

気になる「家を建てる費用」、いつ何が必要になる?|広島の注文住宅|新築|工務店

【気になる「家を建てる費用」、いつ何が必要になる?】

 

家を建てる費用って、どれくらいかかるの?いつ必要になるの?
よくいただくご質問です。注文建築の場合、建物価格は大きさや間取り、使用する素材などによって変わるので、ご要望をお聞きしてお見積を提示しながら設計を進めていきます。

 

注意しておきたいのは、その見積もりの中に含まれている項目です。
建物本体の価格には、一般的に基礎工事や木工事、外壁・屋根、電気、水道、内装工事などの費用が含まれています。

 

逆に、それ以外の設計費や施工管理費、建築確認申請費、外構・植栽工事や地盤改良、ガス・水道の引き込み工事などは含まれていないこともあります。建物価格にどこまで含まれているのか、しっかりと確認をしながら資金計画を進めることが必要です。

 

また、これ以外にも「諸費用」と言われる費用があります
ローン手数料や抵当権設定費用、印紙税、ローン保証料、火災保険料、登記関連費用、各種税金などです。すべての費用を足し合わせると、住宅価格の1割前後になることもあるので、あらかじめ心づもりをしておきましょう。

 

また、これらのお金は必要となるタイミングが違います。
●工事契約時…印紙税、建築確認費用など
●完成・引き渡し時…登記関連費用、司法書士報酬など
●ローン契約時…ローン手数料、印紙税、ローン保証料、火災保険料、登記関連費用など

●入居後…不動産取得税、固定資産税など
●その他…引っ越し、家具・家電購入費用など

「予想外の出費…」と、慌てないためにも、家づくりのスタート時点から、いつ、どれくらいのお金が必要になるのかを把握しておけるといいですね

 

マリモハウスは、お客様に寄り添い、資金プランのアドバイスをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。