癒しの暮らし研究所

リビングを1階ではなく、2階に設ける人もいるらしい、使い勝手はどうなの?

2階にリビングを設けた「デザインハウス×2世帯」の新築戸建て

リビングを1階ではなく、2階に設ける人もいるらしいそれってどんな意味があるの?と聞かれたので、2階に共有リビングのある3階建て住宅を建てられた実例をご紹介します。

 

 

 

外観はネイビーとグレーのコントラストがひと際、目をひくデザイン。外壁はガルバリウム鋼板の壁と塗り壁でバランス良くまとめ、天然石タイルをアクセントに採用。
2階と3階の窓を出窓のような囲いで引き締めています。
パッと見、2階建てのようにも見えますよね。

住宅街の3階建ての多くはちょっとした威圧感や細長さが目立ちますがそんなイメージがないデザインです。

 

 

 

2世帯が共有するLDKは2階に配置。アイランドキッチンは石目調のデザインを採用しました。ダイニングテーブルが一体化した回遊性のある空間は親世帯、子世帯のご家族が集う場です。床は燻煙乾燥の天然木の杉板を採用。木目を感じる浮造り加工で素足でも、とても気持ちいい感触が楽しめます。小上がりの和室の右手には3階へのスケルトン階段が続きます。それぞれがそれぞれの場所でくつろぐ区分がなされています。

2階にリビングを設けることで採光が取りやすく、空間も広くなりました。
また、窓からの視線もあまり気にする事なく過ごすことが出来ます。

1階が親世帯、3階が子世帯の個室があり、その中間の2階をLDKにすることで住空間の区分をした住まいです。

 

 

 

階段の横には上からの視線を遮る壁としてテレビボードを配置した、ホテルライクなお洒落なコーディネート。段差のある小上がりの和室は書斎スペースも造作し、さまざまな用途に使える空間に。

 

 

 

3階の子ども部屋はロフトを作って空間を有効に活用。壁面には壁いっぱいのホワイトボードを設置して、あそびと学びの空間に! 
2階にある広めの洗面脱衣室はメイクアップスペースも確保した、ホテルの様なコーディネートに。このほか玄関には大型シューズクローク、階段下のウォークインクローゼットなど収納も充実。3世代がゆとりを持って暮らせる住まいが完成しました。

 

このほか、マリモハウスの施工事例はこちらもご覧ください。
https://www.marimohouse.co.jp/case/

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。