癒しの暮らし研究所

あなたにとって「和室」の優先順位は?和室の魅力と、そのバリエーションをご紹介。

【「和室」がもつ魅力と、そのバリエーション】

 

「和室をつくるかどうか?」
これは新しい住まいの間取りを考える際に、多くの方が迷われるポイントです。
単に畳を敷いたお部屋、と考えると優先順位は下がってしまうかもしれません。しかし、プランニングによって、癒しの時間を得ることができる、かけがえのない空間とすることもできるのが和室の魅力です。

障子で仕切ることで客間にも、将来、1Fをメインで生活する形での生活動線にも大切なポイントになるかもしれません。そんな和室の事例をご紹介しましょう。

 

まずは、京の町家を思わせる和モダンスタイルの住宅に、掘りごたつのある本格的な和風空間を設けたケース。障子や天井、照明も和のコーディネートでまとめています。この掘りごたつは本体を下に収納し、布団も敷ける客間に早変わりします。

 

 

次は、リビングにつながる本格和室。こちらも掘りごたつを配置し、丸窓がアクセントになったコーディネートです。大きな窓からの景色を眺めることで、季節の移り変わりを感じることができます。

 

 

こちらは大判タイル、スプーンカットの床材、和紙風のスクリーンシェードと素材にもこだわったモダンな和室。坪庭、収納式の堀りごたつも設置した癒しの空間です。

 

 

こちらは和モダンな平屋住宅の屋根裏空間を活用したロフトスタイルの和室。紙畳を敷き、奥は不要な季節物などを仕舞う収納として工夫。まるで秘密基地のような空間は、お孫さんたちの客間としても使うことができます。

 

 

次は玄関の土間ホールからも近く、リビングともフラットな床面でつながる本格和室。間仕切りは壁に完全に収納できる3連のふすま戸なので、オンとオフの切り替えが簡単にできます。

 

 


 

最後はイタリアンテイストにコーディネートされたモダンな住宅に設置した和室。その中に設けた畳の空間は、改めて和文化の良さを感じさせてくれる癒しの空間です。窓の外には縁側と坪庭が拡がります。

 

 

和室は子どもの遊び場やお昼寝空間、家事スペース、来客時の客間としても使える便利なスペースでもあります。様々なバリエーションもご覧になったうえで、ご検討ください。

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。