癒しの暮らし研究所

「大人の秘密基地」ワークスペース&書斎の在り方を考える、変わる「間取り」が示す新たな生活スタイル。

【住まいが変わる新しい生活スタイルに「ワークスペース」&「書斎」】

 

新型コロナウイルス禍の収束がなかなか見通せない状況が続いています。皆様の暮らし方も、様々な変化が生じているかと思いますが、住まいへ求める「間取り」にも変化の兆しが見られはじめています。

そのひとつが、在宅ワークやテレワークに対応できる空間の確保、ワークスペースや書斎の設置ニーズです。在宅ワークについては5Gの導入で進むはずが、コロナ禍で前倒しになったと言う識者もいます。今回はそのヒントとなるハウスコーディネートをご紹介。

 

まず、多くの反響をいただいているのが隠し扉のある「大人の秘密基地」スタイルのワークスペース

数年前から導入され、天井まで伸びるマガジンラックが特徴。実はこれがスライドドアで、個室への扉に。

扉の奥の空間はカウンターデスクを配置した、密閉された空間です。もちろんオンライン会議にも集中して参加することが可能で、秘密基地のようなお部屋です。

 

 

 

次の写真はパントリーや収納空間にカウンターテーブルを設置したワークスペース。

資料などを収納する棚も確保でき、プランによっては半密閉空間とすることもできます。広さの関係で、独立した書斎を確保することが難しいときなどには、収納とワークスペースのハイブリッド空間を設けてみるのもひとつの方法です。
 

 

こちらの写真は和室や寝室の一部をワークスペースに活用する方法です。

寝室を利用する場合はパートナーの就寝時間を考慮しておきましょう。安眠を妨げると、ストレスがたまりますので…。

 

 


 
こちらの写真はリビングに設置したカウンターテーブルの活用法。

ワークスペースだけでなく、子どものスタディコーナーとしての使い方も可能で、汎用性の高いプランでもあります。ただ、独立性を保つことが難しいため、オンライン会議などには向いていないかもしれません。

 

住まいの中でのワークスペースづくりは、自分の仕事スタイルに合っていることが大切な条件です。このほか本格的な書斎や、家族の共有コーナーなどのご希望をご相談ください。

 

 

ワークスペース&書斎の施工実例はこちらから
https://www.marimohouse.co.jp/case/cate2/workspace/

 

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。