癒しの暮らし研究所

屋根まで吹き抜けの大空間は、地震に弱くないのでしょうか…?|広島の注文住宅

屋根まで吹き抜けの大空間は、地震に弱くないのでしょうか…?

 

皆様こんにちは、マリモハウスです。
モデルハウスをご案内していると、「屋根まで吹き抜けが広がっていて、とっても開放感があるけど、地震の揺れには弱くないのですか?」といった質問をいただくことがあります。

 

 

大空間にもかかわらず、柱や梁が見えないことを心配されるようですが、ご安心ください!
マリモハウスの住まいは、約40年前から耐震・耐風性に優れた2×4(ツーバイフォー)工法を採用し、高品質な住宅を数多く築いてきました。

 

2×4工法で建てられた住宅は、構造耐力に優れた枠材と面材とが、強固に一体となった面構造でできています。

各部屋を床、壁、屋根の6つの面からなる箱型の「モノコック構造

この構造にすることで、地震の揺れを建物全体で受け止めて吸収し、高い耐震性を発揮することができます。阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震においても、2×4住宅の高い耐震性が実証されています。実際に「ちゅーピーモデルハウス」の建築工事中に震度4程度の地震があり大きく揺れましたが、建物はビクともしませんでした

 

 

ちなみにモノコック構造とは、外皮に強度を持たせた構造物のこと。たまごが殻全体で外からの力に耐え生命を守る仕組みを思い浮かべてください。飛行機や乗用車なども、モノコック構造でつくられていますね。

 

屋根までが吹き抜けとなった大空間であっても、床、壁、屋根の6つの面が強固なモノコック構造を採用することで、大きな地震にも耐えられる建物になっているのです! ただ、万が一の地震の際には家具が転倒する可能性はありますので、家具の固定はしっかりと行うようお願いいたします。

 

 

一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会のサイトにも耐震性能が解説されていますので、参考になさってくださいね!
http://www.2x4assoc.or.jp/quality/earthquake/index_earthquake.html

 

関連情報:
耐震性・耐風性 より優れた性能を追求し、災害から生命や資産を守る
https://www.marimohouse.co.jp/orderhouse/technology/taishin/

テクノロジー あなたの家族を、まもりたい。家族の安心を、まもりたい。
https://www.marimohouse.co.jp/orderhouse/technology/

建築実例

https://www.marimohouse.co.jp/case/

 

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。