癒しの暮らし研究所

台風などの風の被害も補償の対象? 災害に対する備え「火災保険」について|広島の2×4新築注文住宅&リフォームなら マリモハウス

台風などの風の被害も補償の対象? 災害に対する備え「火災保険」について

 
皆様こんにちは、マリモハウスです。
今回は災害に対する備えの一つである、火災保険について。

 

昨年は大雨による甚大な水害、そして台風による強風の被害にあわれた方も多いかと思います。そして、火災保険に加入されている方も多いはず。火災保険は火事だけではなく、台風や暴風雨による屋根被害の修理にも利用できることをご存知でしょうか?

 

「うちの保険はどうだっけ?」と疑問に思われたなら、保険証書を確認してみてください。補償の対象に「風災」という記載があれば台風被害にも補償が受けられます!

 

「風災」とは台風や暴風、旋風、竜巻などによって建物や家財が受けた損害のこと。たとえば
台風の強風によって屋根や雨どいが壊れた
強風によってカーポートが飛ばされた
飛んで来た看板がぶつかって家の外壁に穴があいた
テレビアンテナが壊れた
などの損害にも、火災保険によって補償が受けられるのです。また損害の補償は3年前までさかのぼって請求することが可能です。去年の台風被害も保険請求出来る可能性があるということ。

 

 

ただ、注意が必要なのは「自然劣化や老朽化による破損ではなく、台風による被害である」ということを証明する必要があるということ。被害にあった場合はしっかりと写真を残しておくことが必要です

 

普段は気に留める機会のない火災保険の証書ですが、一度確認されておくことをおすすめします!

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。