癒しの暮らし研究所

このお正月、相続税対策についてお話してみませんか?

【このお正月、相続税対策についてお話してみませんか?】

 

皆様こんにちは、マリモハウスです。
二世帯住宅が相続税対策にも有効だということをご存知でしょうか?

 

2015年の税制改正によって「税金がかかる最低ライン」が大幅に引き下げられ、相続税の課税対象者が増加しています

 

 

たとえば相続人が妻と子供2人の場合は、基礎控除3000万円+法定相続人の比例控除600万円×3=4800万円が非課税となる上限ラインになります。それ以上の相続財産がある場合は、相続税が発生してしまう計算になるので、都市部で大きな土地などを持っていた場合は、予想外に高額の相続税が発生するケースもあるようです…。

 

相続税対策のひとつとして、知っておきたいのが二世帯住宅の建設です。
親の持つ土地に二世帯住宅を建てることで「小規模宅地の特例」という制度が適用され、土地の評価額が80パーセント減額されるという仕組みがあります。

 

 

たとえば、土地評価額が2500万円の実家を建て替えて二世帯住宅にした場合、80%の減額を受けると、評価額は500万円になります。評価額を下げることで、相続税の課税対象外にできる可能性があるのです。

 

 

このお正月、親御さんとも話す機会があれば、二世帯住宅のメリットについてもご検討してみてはいかがでしょうか。税金や資金プランについてのご相談も、マリモハウスにお任せください。

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。