癒しの暮らし研究所

優れた特性を持つ「燻煙浮造り(くんえんうづくり)フローリング」

【優れた特性を持つ「燻煙浮造り(くんえんうづくり)フローリング」】

 
皆様こんにちは、マリモハウスです。
今回はマリモハウスの住まいづくりのこだわりのひとつ、木材選びについてご紹介いたします。私たちが床材としてお薦めしているのは「燻煙浮造り(くんえんうづくり)の無垢材」のフローリングです。
  
通常、木材は伐採したままでは水分が多すぎるため、建材として使用できません。乾燥という工程を経て製材加工が必要になりますが、その乾燥の工程にはいくつかの種類があります。その乾燥させる際に石油などの高火力を使い、高温でスピード乾燥させているのが一般的にKD材と呼ばれている強制乾燥の木材です。
それとは異なり、木材を燃料としてその熱と煙で乾燥を促したのが「燻煙熱処理木材」です。手間も時間もかかりますが、そんなKD材には無い特性も生まれます。
それは、煙で燻されるので耐久性や防虫性、調湿性に優れていることや、木の細胞壁や導管が壊されずに残っているため、空気が保持され断熱性にも優れています。
それを表す実験にこんなものがあります。左は一般的な高温で乾燥させた強制乾燥のKD材、右が煙で燻した燻煙乾燥の無垢材です。
エアブラシを付けて空気の通りを確かめてみましょう。このように燻煙乾燥の方は空気が通ります。これは木材が水分などを吸い上げる際に使っていた導管が潰れていない証拠です。このおかげで保温性、断熱性が保たれるのです。

また、「浮造り(うづくり)」という加工もあります。これは木目の凹凸を残した仕上げ方法で、足の裏に感じるかすかな刺激が心地よく、滑りにくいのが特徴です。

 

 

 

お子様やお年寄りがいらっしゃるご家庭は是非ご検討ください。

また、落ち着いた色調は、室内空間を上質な雰囲気にしてくれる効果もあり、

無垢材の中でも特に燻煙乾燥の木材が重宝される理由でもあります。

 

このような癒しの効果をもたらしてくれる無垢の木材にも様々な種類があります。

およそ10種類を超える様々な無垢材を確かめることのできるモデルハウスをアスタ住宅展示場にご用意していますので、ぜひ実際に歩いてみて、その感触をお確かめください。
その気持ちよさが実感いただけると思います!

 

モデルハウスの詳細や、見学のご予約はこちらから。
https://www.marimohouse.co.jp/orderhouse/modelhouse/

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。