癒しの暮らし研究所

消費税率が10%になる前にマイホーム建築はできますか?|広島の2×4新築注文住宅&リフォームなら マリモハウス

消費税率が10%になる前にマイホーム建築はできますか?

 

皆様こんにちは、マリモハウスです。
今回はお客様からいただいたご質問です。
来年10月1日から消費税率が10%に引き上げられますが、税率8%でマイホームを建てるためにはどうすればいいですか? まだ間に合いますか?

 

 

消費税率の引き上げまで1年を切り、こうしたご相談も増えています。たとえば3000万円の住宅の場合は60万円の税負担アップとなり大きな金額ですから、「なんとか8%で間に合わせたい」と考えるお気持ちもわかりますよね。

 

お答えですが、結論から言うと「スムーズに進めば間に合いますが、タイミングによっては10%になってしまうかもしれません」ということになります。

 

まず、税率引き上げのスケジュールを確認しましょう。
2019年10月1日以降に引き渡される住宅には税率10%の新税率が適用されます。
ただし「経過措置」が設けられ、2019年4月1日より前に建築請負契約を済ませていれば、引き渡しが10月以降になっても税率は8%が適用されます。

 

 

 

つまり、税率8%でおさめるためには
①住宅の建築&引き渡しを2019年9月30日までに間に合わせる
もしくは、
②建築請負契約を2019年4月1日より前に済ませる
ということとが必要になります。

 

通常であれば住宅建築には4ヶ月から半年程度の工事期間が必要になりますが(建築確認申請など法的手続きの時間も含む)、建設業界も慢性的な人手不足や災害復興による工事増加もあり、現在はより時間がかかる傾向にあります

 

 

ですので、①のように9月中の引き渡しを目指すお客様には、余裕をもったスケジュールをお考えいただくように、お願いしています。

また、②の場合でも、設計変更などにより「変更契約」を4月1日以降に行った場合は経過措置の対象とならず、税率10%が適用されますので、注意が必要です。

 

いずれにしても、消費税率8%を目指すなら、余裕をもったスケジュールで、スムーズに計画を進める必要があります! 

マリモハウスの家づくりにご興味を感じられたなら、早めのご連絡をお待ちしております♪

広島での注文住宅はこちらから

! 最新のブラウザをご使用ください !

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。